インテリアコーディネーターSUCOが綴るインテリア日記。おすすめインテリア雑貨のご紹介、DIY体験記、デンマーク旅行小話等。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
卒業~住宅リフォームアカデミー~
2006年03月30日 (木) | 編集 |
今年の1月から、3ヶ月間通い続けた住宅リフォームアカデミー
本日、卒業致しました!

人生の大先輩からかわいい後輩まで、
机を並べ、とんかちを握り、共に学んだ3ヶ月。
とても楽しかったなぁ。。。

住宅のことを良く知っている人、知らない人、
手先の器用な人、黙々と仕事をする人、
いろいろな人の集まりでしたが、
それぞれの得意分野を発揮して、
お互い協力し合って、
思いやって、
多くのことを学んだ気がします。

この学校で学んだことを生かし、
次のステップを踏み出しましょう!

沢山の優しい言葉や楽しい言葉を
かけてくださった皆さん、
どうもありがとうございました!

また会える日を楽しみにしています!

卒業


ブログはまだまだ つ・づ・く。。。(#^.^#)




テーマ:リフォーム
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
僕の一日<洋一
定年退職仲間のcyuさんに習って、僕の短くも長い一日のひとこまを書きます。

3月30日(晴)桜満開
●7時
行く必要が無くなったのに、登校モードの早起きにひとり苦笑。
卒業土壇場前日の、学校側の理不尽な心変わりに依る「退校通告」が頭をかすめ、二日酔いも手伝って吐き気が襲って来る。
窓を開けて、西空の母に卒業出来なかった事を詫びる。
富士山が霞む。

●9時
学校では今から皆んなの卒業式。
ひとりひとり名前を呼ばれて、修了書を受け取っているのだろうなあ。
ぽつねんと下を向いて座っている僕を想像して登校を断念。
顔を洗って、又、布団に戻る。
五十音順に皆んなの顔がゆっくりと過ぎる。
順番に「○○さん、おめでとう!」
って小さくつぶやいて手を叩いたよ。

●10時
伊沢君から
「何やってるの?皆んな待ってるよ」
強く登校を促す電話。
そうだ、皆んなの顔を見に行くって言ったっけ。
「おめでとう!そしてさようなら」
だけでも言いに行こう。
気後れに首を振ってスーツに着替える。

●11時
急ぐ余り、タクシーに乗り換えたのが裏目に出て、大幅に皆んなを待たせてしまう。

●11時14分
sucoさんより心配の電話。
11時19分
伊沢君より心配の電話。

●11時半頃
学校に到着。
登り慣れた教室への鉄階段を上がり、些か
建て付けの悪い扉を開ける。

「ワー!」と皆んなのどよめきと歓声。
総立ちの拍手。
なんだナンダ?
暫しポカンと立ち竦む。

●皆んなから手製の「卒業証書」と「感謝状」を戴く。
代表として読み上げてくれたアベちゃんと斎藤さん、そして皆んなの顔が涙で見えなくなった。

「ありがとう皆んな!」

学校からは修了書を貰えなかったけれど、
それ以上の宝物、皆んなからは世界一の「卒業証書」を戴いたよ。

●皆様
この感激は一生忘れません。
「卒業証書」
「感謝状」
雇用能力開発機構宛「嘆願書」
大事に大事に飾っておきます。
皆様のことも決して忘れません。
会いたくなったり、心配事が起きたら、
「下北」の僕を訪ねて来て下さい。
「おっす!」って迎えるからね。

 寒夜明けなんの野の花赤い花   洋一

寒い夜も必ず明けるよ。
頑張ってね「皆んな!」
深謝

2006/03/31(Fri) 00:58 | URL  | 洋一 #X5XodAgg[ 編集]
改めて、3か月間 本当に本当にありがとうございました。 皆さんからは、何気ない会話をしていた時でも沢山の事を吸収させていただきました。  そして何よりも、皆さんの大切な人生経験をふまえて私にお話ししていただいた事や貴重なさまざまなアドバイスは決して忘れません。 私は皆さんから戴いてばかりでした。 クラスの方一人一人にもっとちゃんと向き合ってお礼を言うべきだったと思っております。また会いたい という気持ちばかり先行してしまい、失礼しました。 SUさん、私も長くなってしまってすみません。ありがとうございます。
2006/03/31(Fri) 08:15 | URL  | アベ(*^v^*) #-[ 編集]
早速の返球有難う。結論から言いますと、僕はホームページの開設はしません。なぜなら、公開ボタンを押すことを躊躇したのは、実は現在のところ、その意義を自分なりに見つけることが出来なかったからです。必要になったら、又、一寸軒先を貸して下さい。
それよりなにより、産声をあげたばかりのsucoくんのブログを読者のみんなで、出来る限り、『線』が『点』ならないように育てていけばいいと思います。僕の経験からすると、喜びも悲しみも、そして持てる限りの情熱を傾けことがらや熱くなった日々も時が経ってみると人生の通過点という点でした。人生は先へ進まなくてはいけないので、致し方ないと思いますが、何となく割り切れないものが残ってしまいます。さて、今から、徳川吉宗が鷹狩りによく来たという近くの飛鳥山に、ビールを持って桜の花を愛でに出かけます。
suco くんも今、引っ越しの準備で大変だと思いますが、新しい明日に向かって、ユックリと歩んで下さい。
2006/03/31(Fri) 10:37 | URL  | chu #-[ 編集]

卒業おめでとう。社会人になってからの学生生活は働くのとは違いなにかと楽しいものだよね。みーさんも経験あり お花見楽しんでね 
2006/03/31(Fri) 20:02 | URL  | minori #-[ 編集]
>洋一さん
コメントありがとうございます。
卒業式の朝、学校に着くと、斎藤さん、新木さん、chihiroちゃん、アベちゃんがそれぞれに「卒業証書」「感謝状」「嘆願書」を
心を込めて準備されており、皆さんの思いやりの深さを感じました。最後に洋一さんの素敵な笑顔を見ることが出来、本当に良かったです。私も生活が落ち着いたら、ぜひ下北沢を訪れたいと思っています。新生活、がんばりましょう!

>アベちゃん、コメントありがとう!
卒業式のアベちゃんの挨拶を聞いたとき、入学式で一際元気に、笑顔で、将来の目標を語ったアベちゃんの姿を思い出しました。アベちゃんの明るい未来が楽しみです。ぜひ、またお会いしましょうね!

>chuさん、お花見はいかがでしたか?
この学校への入学が決まってから、ブログを始めようと思ったのですが、このように奥深いコメントを頂き、そして皆さんの接点となることが出来、作って良かった~♪と思うことしきりです。sucoの新生活もブログに登場するかと思いますが、今後ともナイスコメントお待ちしております。

>みーさん、どうもありがとう!
好きなことを学ぶというのは、やはり楽しいものですね。いつか、みーさんのお花やお茶のお点前を見せてね!お花見は今週がピークかね~。
2006/04/01(Sat) 00:52 | URL  | SUCO #-[ 編集]
(追)ご報告>洋一

●31日に雇用センターに退校届けの事務処理に行って参りました。
0.5日不足で、30日卒業式の前日の校長による退校通告を、係官も唖然としていました。
伺ってみると、いろいろ不可思議な事情が解って参りましたが、もう、何も言うまい
(^-^)

嘆願書と、皆んなが送ってくれた卒業証書、感謝状をプリントして提出しましたら、僕と同年輩の係官が、規則は曲げられないが、問題提起の為に全所員に配布回覧をして、学校には厳重に注意する、と言ってくれました。
「貴方は幸せでしたね」とも。


2006/04/01(Sat) 01:28 | URL  | 洋一 #X5XodAgg[ 編集]
洋一さんのコメントを読むにつけ、その無念さがヒシヒシと伝わってきます。
ところで、僕の大学での専攻科目は意外かもしれませんが数学でした。とはいえ、その知識レベルはと言えば、娘に『世の中に出て、数学が何か役にたつことがあるの?』の問いに、『う~ん』と答えに窮してしまう程度のものなのです。問答無用、一刀両断に切り捨ててしまいたいと思う娘に僕は1つ問題を出しました。
(問)a=手作りではあるが気持ちのこもった単なる紙切れの卒業証書、b=出席さえすれば必ずもらえる本物の一枚の卒業証書の2通りがある時、aとbの関係を不等式で示せという問題です。多少のヒントを基に娘が出した答えは、a>bでした。数学は常に1つの答えを要求します。数学の苦手な彼女なりに苦しみながら導いた解答ですが、僕はこの答案に自信を持って○をつけることは来ません。しかし、むしろ、ほっとしたことは事実です。
今回の洋一さんの卒業証書の問題には僕も胸を痛めた一人です。大袈裟に言えば、多くの仲間がそうであったように、そのことをどうすることも出来なかった自分に無力さえ感じました。学園がa<bを正解とした背景、理由については知る由もありませんが、一枚の卒業証書にどれ程の重みがあるのか実のところよくわかりません。多くの学園仲間がベクトルの方向を同じくしたことで、洋一さんを少しでも元気づけられたとしたら、むしろ、そのことに重みを感じます。洋一さんの感謝、深謝の言葉に全て救われた気持ちです。出会いは別れの始まりとはよく聞く言葉ですが、もしそうであるならば、別れは再会の始まりと言えるはずです。
嫌な思い出だけは頭から削除して、若い人達と接点を持てたことに感謝と喜びを感じ、スタートしようではありませんか。いずれの日に、ホールで風体のさえない老人とその妻が寂しそうに食事をしている姿を、もし見かけることがあったら一言でも声を掛けてやって下さい。
2006/04/02(Sun) 08:21 | URL  | chu #-[ 編集]
洋一さん、chuさん、コメントありがとうございます。
私も、形式的な卒業証書よりも、学んだ事実、そこで築いた人間関係の方が大切だと思いますよ。これからも人生の後輩に、ご指導よろしくお願いします。
2006/04/02(Sun) 10:22 | URL  | SUCO #-[ 編集]
卒業おめでとう!
素晴らしい仲間がたくさん増えてよかったよかった♪
この経験を大切にこれからも頑張っていこう!
このブログ、mixiにも載せてくれたら、
しょっちゅう遊びにくるよー(笑)
2006/04/02(Sun) 11:07 | URL  | もっさん #-[ 編集]
もっさん、どうもありがとう!
ブログ開設当初から見守ってくれて感謝しております。う~ん、mixiに載せちゃおうかな~、どうしようかな?もっさんのバトン関連日記には、かなり笑わせてもらっているよ~(笑)
2006/04/02(Sun) 12:42 | URL  | SUCO #-[ 編集]
最近、chihiroさんのコメント投稿が無いですね。もしかして、『神隠し』にあったのではないでしょうか。それとも、仕官の道を捜すのに忙しいからでしょうか。心配無用、余計なお世話だと言われるかもしれませんが、気になるところです。
2006/04/04(Tue) 00:10 | URL  | chu #-[ 編集]
あっ!すみません~
とりあえず生きてます~( ・_・)/-------◎
2006/04/04(Tue) 00:43 | URL  | chihiro #-[ 編集]
chihiroちゃん、生きてて良かった(笑)ところで宮爺さんも就職決まったそうです。おめでとうございます!
2006/04/04(Tue) 10:40 | URL  | SUCO #-[ 編集]
おっと、忙しさにかまけていたらみんな書き込みしているね。しかもchuさんが登場していた!!
 3ヶ月大変お世話になりました。宮爺さん就職おめでとうございます!!宮爺さんの優しさこまやかさ勤勉さにただただ感服いたします。
洋一さん就職おめでとうございます。
絶対娘を連れて下北にうかがいますからね!!
ケルベロスくん(カタカナでごめん。。。)就職おめでとう!孤高のロッカーがかわいい?お仕事お似合いよ、頑張ってね!
スーさんのブログなのにこんなメールちっくに書いてしまってごめんなさい。スーさんのおかげでこうやってみんなの声が聞けるんだから本当に感謝です。これだけの内容を書き続ける忍耐力とセンスに脱帽です。これからも見にきますからね!
2006/04/04(Tue) 23:33 | URL  | りえ #-[ 編集]
>りえちゃん、コメントありがとう!
こちらこそお世話になりました。家事ってやっぱり大変なんだね~!4月1日から、新しいお仕事をしている人も多いことでしょう。りえちゃんは、DIYの技術を生かして、お部屋を改造するのかな?すごい模様替えをしたら、教えてね!また、見に来てね~!
2006/04/06(Thu) 09:31 | URL  | SUCO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。