インテリアコーディネーターSUCOが綴るインテリア日記。おすすめインテリア雑貨のご紹介、DIY体験記、デンマーク旅行小話等。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外壁サイディング貼り実習
2006年03月28日 (火) | 編集 |
今日のアカデミーは、外壁サイディング実習です。

外壁に貼るという設定で、今回は室内に施工していきます。
それでは、行ってみましょう!

防水紙水平墨出しをして(実際は土台水切りの上に)、
防水紙を貼っていく。
防水紙の+印を目安にタッカーを打つ。


防水テープ誤って防水紙を切ってしまったら、
防水テープを貼る。


防水紙22段目を1段目の上に
重ねしろ90mm分とって、
同様に貼っていく。
縦横をピシッと揃えてタッカーを打つ。


胴縁胴縁を防塵カッターで切る。
防塵カッターは使うときだけ電源を入れる。


取り付け防水紙の上に、柱、間柱の位置に
胴縁を455mmピッチで打つ。
サイディングを横張りするときは、
縦胴縁、縦張りするときは横胴縁にする。


ハットジョイナー胴縁の上にハットジョイナーを
1mに1本のピッチで釘で
ハットジョイナーの力石の横を留める。


サイディングサイディングを防塵カッターで切る。
サイディングは裏側を向けて切ること!


取り付けサイディングに下穴を開け、
ハットジョイナーの力石にピタッとくっつけ、
胴縁の上にビスで留める。
サイディングの端25~30mmの位置に
留める。


上に相じゃくりを重ね、サイディングを
上に施工していく!


上記はサイディングをビスで固定していきましたが、
今度は留め付け金具で固定するやり方です。
留め付け金具の方が、サイディングに穴が開かないので
取り外しも簡単。張る位置を変えたいときも便利です。

スターターハットジョイナーの下端から10mmの位置に
スターターの上端が来るように施工する。
(土台水切りとサイディング下端の間を
10~15mm開くように施工する→
空気が流れるように。。。)


施工ハットジョイナーの力石にあて、
スターターの上にサイディングの溝を差し込む。
この溝を切る加工が出来るのは
16mm以上のサイディングのみ→
留め付け金具で施工できるのは16mm以上。


留め付け金具サイディングの上端に
留め付け金具をかませ、
金具を胴縁にビス留めする。
同様に、この上にサイディングを重ねて
施工していく。


マスキング次はジョイント部(ハットジョイナーの
力石の部分)にシーリングを塗る練習です。
サイディングの端に0.5mmの隙間が
開くぐらいにマスキングテープを貼る。
サイディングの凹凸にピッタリと添うように。。。


プライマーサイディングの切断面にプライマーを二度塗る。
これが接着剤の役割をする。


シーリングジョイント部にシーリングをやや多めに塗る。

ヘラヘラでシーリングを平滑にする。
サイディングの凹部はヘラをたてる。


はがすシーリングを削らないように、
外側を向けてマスキングを剥がす。


完成きれいにはがして出来上がり!
サイディングをシーリングで汚してしまったら、
シーリングクリーナーで拭き取りましょう!



サイディング施工はなかなか楽しく出来ましたが、
重いので女性には不向きかも。。。

今日でアカデミーの実習は最後となりました。
明日はDIY学科研修、明後日はいよいよ卒業です。。。
まだ実感が湧かないのですが、さびしいですね。やっぱり(;_:)




テーマ:リフォーム
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
本日、最後の授業お疲れ様でした。お世話になりっぱなしの3か月、ありがとうございました。今日まで沢山実習してきましたが、伝統の大工道具や作業の希少さと、進化したビックリ便利グッズの両方に触れることが出来ましたね。両方大切ですね。  そして外での実習のおかげで少し寒さに強くなれた気がします! 
2006/03/29(Wed) 23:32 | URL  | アベ #-[ 編集]
アベちゃん、お疲れ様でした。こちらこそ、おかげさまで楽しい3ヶ月になりました。どうもありがとう!そうそう、いろいろな道具に触れることができましたね。電動のこぎりを使う際の緊張感と楽しさを味わった気がし
ます。学校を離れても、何か創作できると良
いと思ってま~す!
2006/03/29(Wed) 23:59 | URL  | SUCO #-[ 編集]
suco(愛称敬称略)もすなる『日記』といふものを、今日一日限り、僕もしてみむとするなり。元来、僕には日記を書くという習慣はない。従って、日記帳もない。そこで、僕はこのブログのコメント欄を一時占拠して、そこを日記帳の代わりにしようと思う。無論、ブログギャングなので、管理者に了解を得ようなどと殊勝な気持ちはない。ブログの読者諸氏には悪いとは思うのであるが、今日はめでたくも、嬉し悲し『僕の卒業式』だから、それに、明日からはチャントした節度あるブロガーになるゆえ、大目に見て欲しい。

=卒業式= 2006/3/30(木) 晴時々曇・桜上水北西の風~気分50%弱爽快
今日、3ケ月間、僕は一日も休むことなく元気に通った学園と、このブログマネージャーで涙腺が一寸ゆるんだsucoくんをはじめとする仲間達と一緒に、悲しくも絶対に見送られることのないだろう『19期生達』に見送られながら、通い慣れた校舎を後にした。満開の桜の下で記念写真、そして、駅のホームで手を振り、別れた仲間達に後ろ髪を引かれながらも、卒業証書を手に重い足取りでハローワークへと向かった。向かう電車の中で、『夢うつつ』、走馬灯のように過ぎ去った愛しき日々を思い返した。
・・・思えば、去年の9月、人生の通過点というか、『定年』という名の長いサラリーマン生活の『乗換駅』に到着した。翌日から、朝寝・朝湯、それに、ずっと憧れていた『朝ビール』も飲めた。そして、“小原庄助さん”にもそろそろお引き取り願いたいと思い始めた11月初旬、ハローワークで手にした訓練校の募集案内の中で、この学校の存在を知ることとなった。もしかして、“その後の生き方”を見つけることができるかも、と入校に意を決した。ただ、学校とはいっても、整備されていないインフラや手作りの校舎を見るにつけ、時代劇に出てくる寺子屋の方がまだマシだと思ったほどだ。しかし、老も若きも、男も女も、技術の上下も、そこには、まるで関係のない別の世界があった。そして、そこには、全員で『家造り』を楽しむ『空間』があり、何としても皆で一緒に『卒業』をと願った仲間達がいて、何とも言えない心地良い『時』が流れていた。授業の合間にも又楽しい一時があった。30年程前に、10年間お世話になった『タバコ』に三行半を突きつけ、よりを戻すことを許さなかった僕は、寒さに震えながら『タバコ仲間』に加わり、そこで色々な話を聞くことが出来た。この学校に来るまでの話、これからのこと、実習の後の真剣な反省談、睡魔と戦った戦士達が陰でする講師への悪口雑言?等々。そして、何と言っても、水素原子のDNAを山ほど持った『住宅リフォームアカデミーの光源氏達』が語る『女性論』についての話は、さながら、源氏物語の『雨夜の品定め』のようで、多少不謹慎で、クラスの女官達が目をむいて怒る姿が眼に浮かぶようだ。が、僕的には最高に面白かった。光源氏達の正体については、彼らの名誉を考え、僕からは口が裂けても明かすことはあるまい。ところで、授業中の僕の席は決まってエコノミークラスで、お隣の御仁のようにリラックスとはいかない。このような他愛ない話は、授業でクタクタの僕の息を適度に抜いてくれた。そんな時をかけぬけた3ケ月はあっという間の出来事で、あたかも、今、正に満開を迎えた『桜の花の命』か『泡沫(うたかた)の夢』のごとしだった。そして、明日からは又それぞれの道を歩むことになるのだろう。僕の『息子や娘』のような存在の仲間達に、“幸多かれ”と祈らずにはいられない。出来ることなら、その後の活躍を風の便りに聞きたいものだ。かくいう僕も、『つわものどもが夢の跡』のように、何事も無かったかのように、しかし、少し賢くなって、前よりもマシな生活に戻ることだろう。そして、又、“何か”をさがし求めて、こころの旅に出ようと思う。あっ!そうだ、学園仲間が恋しくなったら、『下北』へ行くといい。もしかして、誰かに会えるかもしれない。・・・
明日も又いい日でありますように。おやすみ。そして、もう書くことのない僕の日記もおしまい。

sucoくん、日記帳の1ページを強引に拝借させてくれて(?)本当に有難う。3ケ月の学園生活の自分の思い出を一方的にたわいもないこと書いてごめんね。ブログはやはりコメントをキャツチボールすることが基本ですか。今度からはそのようにします。では又。
2006/03/30(Thu) 20:01 | URL  | chu #-[ 編集]
いやいやいや~遂に訓練終わっちったねー。chuさんのめっちゃ良いコメントの後に俺みたいな若輩者の駄文を載せるのは気が引けるなぁ~。まっいっか書いちゃおっとφ(・ω・)因みに俺も今回の投稿は長くなるかも。
思えば今まで顔を合わせるはずも無かった22人が同じ屋根の下で共に汗をかき学んだ3か月間は本当に素晴らしい日々だったと改めて思います。皆さん達と違って僕は去年の3月に大学を卒業したばかりなんで‘久しぶりの学校生活’とかそういうのではなかったんですけど性格上我が強く周囲に打ち解ける事が苦手なものですからうまく学校生活が送れるか当初はとても不安でした。しかし次第にSUCOさんや他の同窓生達とも打ち解ける事が出来てとても良い勉強になりました。また一歩成長できたのではと思います。
何かもっとまともに色々書こうと思ったんだけど言葉にならねぇから今回はこの辺で終わりま~す。
最後に3か月間お弁当係お疲れ様でした、そして有難う御座いましたm(._.)m
2006/03/30(Thu) 21:20 | URL  | chacky #-[ 編集]
chuさん、待望の初登場!しかも超大作日記をありがとうございます。日記を拝見し、最後の最後になって、chuさんのユニークな一面を垣間見たような気がします(^^ゞ
人生の大きな転機にこの学校に訪れたchuさん、感慨も一入だったことでしょうね。
大先輩たちのお話を伺い、自分の将来を考える上で、大変参考になりました。
chuさんも、HP公開の際はぜひご一報を!
明日からまた、パラダイスな生活を満喫してくださいね!それでは、また!
2006/03/30(Thu) 21:30 | URL  | SUCO #-[ 編集]
chackyさん、コメントありがとう!chackyさんにとっても有意義な学園生活であったようですね。学校には沢山のお手本になる大先輩がいらっしゃったので、chackyさんもそんな素敵な大人を目指して、社会人生活を歩んで行ってくださいね。がんばって!
2006/03/30(Thu) 21:44 | URL  | SUCO #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006/03/30(Thu) 23:00 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。