インテリアコーディネーターSUCOが綴るインテリア日記。おすすめインテリア雑貨のご紹介、DIY体験記、デンマーク旅行小話等。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
建具・床フローリング傷補修
2006年03月10日 (金) | 編集 |
今日のアカデミーは建具・床フローリング傷補修です。

補修スティックには硬いタイプと柔らかいタイプがあり。
硬いタイプをコテで溶かすには高い温度が必要です。
柔らかいタイプは低い温度で溶けるので、
建具、枠材(巾木、廻り縁、窓枠など)で表面に
塩ビ、オレフィンなどのシートが巻かれているものの
補修に適しています(高温だとシートが溶けてしまう為)。

傷まずはフローリングの傷の補修から。。。
今回は硬いタイプの補修スティックを使います。


コテフローリングの色に近い補修スティックを選ぶ。
補修スティックをコテで溶かし、
傷の上に乗せる。まずは薄めの色を乗せ、
もう少し濃くしたければ
濃い色のスティックを上から乗せていく。
コテは手前に引く。


完成コテに着いた補修材は都度布でふきとり、
都度耐熱保護材を補修部分に塗りながら
コテで平らにしていく。必要に応じて、
スティックやマジックで木目模様を
つくる。
かなり傷が目立たなくなった!


ワックス今度は、補修した部分のワックスの艶を
周囲の部分と合わせる為、
傷があった部分の単板をマスキングし、
布にしめらせたワックスを何回かかける。


テカリそうするとかなりテカテカになるので、
この部分につや消しスプレーをかける。


スプレースプレーは絶えず動かして、むらなくまんべんなく。。。

マット艶が消えて、周囲と同じになり完成!

へこみ次は和室の柱など、塗料やワックスがかかっていない木部の
へこみをなおしていく。


コテしめらせた布をへこみにかぶせ、
上からコテをあてる。
今回は真ん中のへこみを修復する。


ふくらみ真ん中のへこみがふくらんで綺麗になった!

シート次はシートを貼った巾木を柔らかいスティックで直していく。
これは巾木の裏面。
MDFの上にシートが巻いてあるのがわかる。


カッター釘穴があいて木端立っているので、カッターで下地を直す。

補修柔らかいスティックをコテで溶かし、
ポタリと穴に落とす。
シートが溶けるので、
コテをシートに直接あてないこと。


削るコーボルトで削り、さらにやすりで整える。


今日は、休憩時間も惜しんで補修作業に没頭しました。
なかなか難しいけれど、かなりハマる作業でした~。

テーマ:リフォーム
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
今日もありがとうございます~
熱中してしまう危険な作業でした~
ただ仕事になったら、時間とどこで妥協するかの戦いですね~
個人的には古い味のある家が好きなのであえて
古めかしくする方法も知りたいな~なんて思いました~
2006/03/12(Sun) 18:28 | URL  | chihiro #-[ 編集]
ど~も chacky death。
傷補修は自分も含めホント皆さん熱中してましたネ。久々に真面目に作業を行なっている自分がいました(^_^ゞしかし細かい作業が苦手なchackyとしてはイライラも治まりませんでしたが、、、
ところで残り2週間チョイでみなさんと勉強できる期間が終わってしまう事を考えるとかなり寂しいdeath(;_;)改めてdeathが社会経験も少ない生意気なクソガキですが宜しくお願いしますm(_ _)m
2006/03/12(Sun) 19:39 | URL  | chacky #-[ 編集]
●嗚呼、いよいよ2週間余りですねえ。
床フローリングの修正は是が非にでも講義を受けたいと願っていたのですが、就任先の顔合わせで欠席は返す返すも残念でした。

「研ぎ」に嵌りました。
本学校で受けた授業の中で一番の影響です。
「砥石」の奥深さと「大工道具」の深さに
のめり込みつつ有ります。

●ちひろ殿、クソガキ殿、ALL<残りのガッコ生活、頑張ろうね、そして仲良くしようね。
2006/03/12(Sun) 21:04 | URL  | 洋一 #X5XodAgg[ 編集]
こんばんは!
またまたやってきました。今回はフローリングの補修ですか!無垢材の補修、私もやったよー。コテの代わりにアイロンをあててやりましたよ…。ではまた来ます。
2006/03/12(Sun) 22:05 | URL  | あお #-[ 編集]
>chihiroちゃん、コメントありがとう!

そうそう、熱中してしまいましたね~。走り出したら止まらない!って感じでしたね~。
私も古い味のある家はとても好きです。そういえば、以前にイタリアの家具を輸入していたときは、アンティーク仕上げと言って、わざとボロボロにしていたのがあったっけなぁ。どうやっているんだろうね~。

>chackyさん、こんばんは!

傷補修はchackyさんにもハマる作業だったようですね!異業種からこのコースを受講されたからには、何かしら住宅関連に興味があってのことだったのでしょうか?学校が終了してからはそれぞれ、どのような生活が待っているのかわかりませんが、色々な経験をもつ仲間の集まりですので、これから先も切磋琢磨していける関係を築けいていけると良いですね!

>洋一さん、こんばんは!

学校と新しいお仕事と、いつも全力投球でお疲れ様です。傷補修は、なかなかクリエイティブな作業で、そこが魅力なのかも知れませんね。
洋一さん、刀にお詳しいようですが、そういうマニアックなお話ってとても興味深いです。今後とも、色々お話聞かせてくださいね。

>あおちゃん、お久しぶり~っ!

そういえば木関係といえば、あおちゃんの十八番でしたね~。私はあおちゃんから木のこと、家具のこと、色々教えて頂きまして、今日に至ります。その節はどうもありがとう。そういえば、4月に引越しすることになりました~!近いうちにお会いしたいなぁ。。。

2006/03/13(Mon) 00:33 | URL  | SUCO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。