インテリアコーディネーターSUCOが綴るインテリア日記。おすすめインテリア雑貨のご紹介、DIY体験記、デンマーク旅行小話等。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
左官実習2
2006年02月28日 (火) | 編集 |
今日のアカデミーは、左官実習の2回目。

前回下塗りした和室の壁を、聚楽と漆喰で仕上げます。
また、洋室の壁の一部をRCやALC等の釘の効かない壁という設定で、
GL工法(GLボンドで石膏ボードを躯体に張り付ける工法)を実践します。

漆喰漆喰は消石灰につのまた(海草)、すさを混ぜて
練ったもの。
最近はメーカーが粉を配合して売っている。
漆喰に色をつけたい場合、
ここに顔料を混ぜる。


水と混ぜるこれに水を混ぜるだけで良い。
ミキサーでかきまぜる。


聚楽聚楽の主材は土とすさ。
こちらもメーカーが配合した粉に
水を混ぜるだけで良い。


水と混ぜる大きな泡立て器のような機械で混ぜる。

左官手前が聚楽、奥が漆喰。
通常は、どちらも二度塗りで仕上げる。
聚楽は1mm厚ぐらい、
下地が見えてしまうので、
あまり金コテで押さえつけない。
漆喰は2~3mm厚、金コテで押さえてつけてOK。


ラチスお次は外壁へ。。。
下塗りの上にラチスを墨だしする。
これは蔵等に見られる『なまこ壁』をつくる練習です。


なまこ壁墨に沿って、漆喰をのせる。
漆喰は粉を多めに、固めにつくる。
『なまこ壁』は本来、
下地は黒の場合が多い。
意匠的な意味と、補強の意味合いがある。


GLボンドお次は洋室へ。。。
GL工法、行ってみましょう!
GLボンドを水と混ぜ合わせる。


だんご張り
ボンドで3cm厚程度のだんごをつくり、
壁に張り付ける。


面取り前回、石膏ボードを貼ったとき同様に、
ボードの取り合いは面取りする。


ボードだんごにボードを圧着させる。

端から壁の両隅は真物のボードを使い、
残りの部分はボードを寸法に合わせてカットする。
ボードの取り合いにだんごが来るようにする。


GL完成壁全面のだんご張りが完成!

完成和室の壁も上手に仕上がりました~っ!
みんな良くここまでがんばりましたね!



予定では、この家の石膏ボードの上に
壁クロスを張っていく予定でしたが、
カリキュラムの進行上の関係で、
家は明日解体することになりました。。。(;_:)
最後まで、美しく仕上げたかったのに残念。。。!

みんなで名残惜しんで、
今日は家をバックに大撮影大会となりました。。。




テーマ:リフォーム
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
お疲れさま~です
今日もあたりさわりのないコメントを残します~(*゚ー゚*)
明日壊すなんて...悲しいですよ(ノ_・、)シクシク
出来れば秘密のアジトにしたいです
2006/03/01(Wed) 00:21 | URL  | chihiro #-[ 編集]
chihiroちゃ~ん、コメントありがとう!
今日は解体お疲れ様でした。
ううぅぅっ、私はあの家にこたつを置いて、みかんを食べるのが夢だったのにぃ。(;O;)
明日からは心機一転。またがんばりましょ!
2006/03/01(Wed) 17:33 | URL  | SUCO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。