インテリアコーディネーターSUCOが綴るインテリア日記。おすすめインテリア雑貨のご紹介、DIY体験記、デンマーク旅行小話等。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふと思うこと
2012年10月30日 (火) | 編集 |
インテリアコーディネーターとして仕事をしていますが、

ブログにインテリアのことをまったく書かなくなって早数年…

そもそも当初ブログを始めた時に設定した目的を

いくつかは達成し、いくつかは挫折し、

今はほとんど目的もなく、元気ですよ!的な意味合いのみでブログを続けております。



そしてインテリアの仕事も続けているわけですが…




専門職ということで、年をとっても働ける、というのはとても良いことだと思う。

まわりにも齢50代の先輩も少なくなく、経験を積んだ人と一緒に仕事が出来るというのも

良いことだと思う。



しかし…。上手に年をとるということの難しさも目の当たりにする。

年をとればとるほど、間違ったことをしていても

注意をしてくれる人がいなくなる。

また、年をとったが故と職業柄という理由から、

我が強くなりすぎる傾向は否めない。


職業上の経験を沢山積んだ人が

人格として素晴らしいかというと、それも個人の性質によるところが多い。


また、この仕事は大変さと収入が合致しない。

大変な仕事はやりがいがあることが多いが、収入が少ない。

フリーランスで仕事をしています、というと世間的にも評価されることが多いが

収入では旦那様頼み、となると、ある程度、生活に余裕のある家庭でないと

いわゆるカッコイイと言われる仕事はむずかしいのではないか…

そして大変な仕事をしていると家庭との両立もむずかしい。


自分の力だけで、やりがいのある仕事と収入と世間の評価を得ている人も稀にいらっしゃいますが

片意地を張りすぎて、心のどこかが擦り減っているように見えてしまったり。


そういう自分は仕事で「かっこいい」と言われなくてもいいんだと思えるようになったけど

やりがいという面では未達成感が残る今日この頃。


答えを探す日々は続く…











コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。