インテリアコーディネーターSUCOが綴るインテリア日記。おすすめインテリア雑貨のご紹介、DIY体験記、デンマーク旅行小話等。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『あしたのジョー』
2011年04月07日 (木) | 編集 |
先日、レイトショーで『あしたのジョー』実写版を観て来ました!


『あしたのジョー』は元々、子供の頃アニメで観て、
大人になって漫画本で読み、とてもひきこまれた作品です。

それが実写版!
期待と不安が入り混じる気持ちで
この映画に臨みましたが、圧巻でした!


とにかく、原作の世界を全く壊していないキャストと脚本。

主演のジョーを演じる山Pの
内面から滲み出る孤独と悲しみは
やっぱりジョーそのもの。
原作のジョー以上にセンチメンタルなジョーだったかなぁ。

力石を演じる伊勢谷 友介は、
プロボクサーと同じメニューをこなして
挑んだというだけあって、
しぼりこんだ肉体と、動きはボクサー以外の何者でもなく、
プロフェッショナルを感じさせました。

丹下 段平を演じる香川 照之は
特殊メイクで外見からして段平そのもの。
ボクシングの試合シーンも演技とはとても思えない迫力で
段平の「立て!立つんだジョー!」という言葉は
観ている自分からも自然と湧き出てくる言葉でした。


すごい良い作品でしたが、
自粛ムードの中で
どれくらいの人が映画館に足を運んだのかな~。
機会があれば、DVDでもぜひ観て頂きたい作品です。
私も、白い灰になるくらい
何かに燃えつきてみたいなぁ・・・・!




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。