インテリアコーディネーターSUCOが綴るインテリア日記。おすすめインテリア雑貨のご紹介、DIY体験記、デンマーク旅行小話等。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木工の応用
2006年01月24日 (火) | 編集 |
今日のアカデミーは木工の応用で、鎌継をつくりました。
鎌継とは、住宅建築で長物の横架材が必要なときに
木を継ぐ手法です。これはまさに大工仕事です!
生半可な気持ちではできません!!!

きり木材を必要寸法に切り出す

中心だし木材の中心に印をつける

すみだし墨出しをしていく

ましん機械で穴あけをする

あなあき穴があきました

きる墨出しの線に沿ってノコギリで切る

のみ細部はノミで削る。こちらのパーツはメス

おきこちらのパーツがオス

おきとめき出来た!左がメスで右がオス

はめこみ2つのパーツをがっちりと組み合わせる


こうして鎌継すれば、ちょっとやそっとでは外れません。
大工さんは木の目を読むことができるので、
強度の必要な部分には柔らかい材を使いません。
そうやって木材を熟知した知恵を生かして作った住宅は
100年ももつそうです!



テーマ:リフォーム
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
ホンと職人だねー。何度か覗いてるのだけど
書くタイミングを逃しつつやっとコメント。
本では見るけどここまで現場で経験すると
面白いよね!!
すーこさんの職人技これからも楽しみね。
というかブログも楽しんで読んでます♪
2006/01/25(Wed) 21:44 | URL  | みさやん #-[ 編集]
みさやん、コメントありがとう!
私も70歳の大工さんの元で
勉強できるというのは、非常に
ありがたい経験と思っています。
建築ってやっぱり奥が深い。。。
昔の大工さんのように、木の特性や、
日本の気候のこと等、日本人は
もっと知る機会をもつべきだと
思う今日この頃。。。
みさやんの三重日記も楽しく
読んでいま~す!
2006/01/27(Fri) 00:08 | URL  | SUCO #-[ 編集]
すごくわかりやすくまとめてあって
教科書がわりになりますよ~
ありがたや~ありがたや~
2006/01/27(Fri) 00:09 | URL  | ちひろ #-[ 編集]
ちひろちゃ~ん、
そう言ってもらえて、こちらこそ
ありがたや~!
しかし、今日の小屋組をまとめるのは
むずかしいぞ~(-_-;)
2006/01/27(Fri) 00:19 | URL  | SUCO #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。