インテリアコーディネーターSUCOが綴るインテリア日記。おすすめインテリア雑貨のご紹介、DIY体験記、デンマーク旅行小話等。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トリエンナーレ 今頃?
2008年12月17日 (水) | 編集 |
トリエンナーレ

先月末で閉幕した横浜トリエンナーレですが、
ずっと写真をUPしそびれていました~(ーー;)

三重に住むお友達と2年ぶりに再会し、
一緒に観れて楽しかったです!

アートって一人で観るより、友達と観た方が
楽しいと思います。
お互いの感想なども聞けて。

写真は、意味深なコメントがかかれた
細い通路を
コメントをたどりながら、
歩いていくというもの。

ときにハッとさせられたり、
どういう意味なんだろう~と考えさせられたり。


他にも印象に残った作品がいくつか
ありますが、
オノ・ヨーコさんの『Cut Piece』という
パフォーマンスの映像が気になりました。

1965年のパフォーマンスと
2003年のパフォーマンスを続けて上映しているのですが。

オノ・ヨーコさんが舞台に座っていると、
観客(?パフォーマンスの参加者)が
次々と舞台に上がり、おのおのが少しずつ
ヨーコさんの着ている洋服を
刃物でCUTしていくというものなんですが。。。

遠慮深そうにちょっとだけCUTする女性もいれば、
いやらしい笑いを浮かべ、
ためらいもなくザクザクとCUTする若い男性も。
参加者の人間性も露になるような。。。

ヨーコさんの足や肩が露になったところで
終幕となるのですが。。。。

まずは、若い時も年老いたときも
スタイル抜群のヨーコさんに驚きました。

この作品には
どんなメッセージがこめられているのかな~
と考えました。

単調な映像ながらも
目が離せませんでした。。。


今年は芸術の秋でした。
(ってもう冬だよ!)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。