インテリアコーディネーターSUCOが綴るインテリア日記。おすすめインテリア雑貨のご紹介、DIY体験記、デンマーク旅行小話等。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デンマークへの旅3
2006年01月22日 (日) | 編集 |
前述のデンマーク家具研修旅行では、沢山のヤコブセンに触れることができました。

まずは、空港直結のHILTON AIRPORT HOTELから、
エッグチェアのお出迎えです。

HILTON AIRPORT HOTELロビー

ロビーでの使用を前提としてデザインされた椅子で、
覆いかぶさるようなフォルムにより、
隔離された空間をつくることが出来ます。
座り心地は最高!


こちらは工芸博物館の展示。これらの椅子は、元来、
ヤコブセンが設計したSASロイヤルホテルの為に
デザインされたものです。

工芸博物館工芸博物館

ブラックレザーのエッグチェア、スワンチェアは
現在もSASロイヤルホテルのロビーを飾っています。


こちらはヤコブセンが設計したオーフス市庁舎。

オーフス市庁舎オーフス市庁舎

当時としてはモダンすぎるデザインに、
大きな物議を醸し出したそう。。。


そして、フリッツ・ハンセン工場&ショールームの見学。

フリッツハンセンフリッツ・ハンセンショールーム

こちらの工場ではセブンチェアの製作過程を見学しました。
ロボットが動き回る超ハイテク工場で、
驚くことばかりでしたが、残念ながら撮影禁止。
その様子はこちらの本↓で、見ることができます。

北欧スタイル (No.2(2003spring))北欧スタイル (No.2(2003spring))

〓出版社 2003-05
売り上げランキング : 23,404

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


最後にSASロイヤルホテル。

シングルシングルルーム

こちらのシングルルームが私の宿泊したお部屋。
2001年に内装をリニューアルしてPOPな感じ。
私はこのお部屋に延泊しましたが、
毎日スワンチェアに座っていたと思うと
とても贅沢でしたね。。。(しみじみ)

そして、1960年SASロイヤルホテル竣工当時の
佇まいを唯一残している客室、606号室。

606幻の606号室

幸運にも見ることができました。
穏やかで、とても落ち着く感じがしました。

テーマ:インテリア
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。