インテリアコーディネーターSUCOが綴るインテリア日記。おすすめインテリア雑貨のご紹介、DIY体験記、デンマーク旅行小話等。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モデルルーム制作の現場
2008年04月01日 (火) | 編集 |
先月は一ヶ月の短期の仕事をしていました。
マンションのモデルルームコーディネートのアシスタントです。
「いつかは自分もモデルルームのコーディネートの仕事をやりたい」
と思っていたので、このお仕事をすることにしたのですが、
色々と学ぶところが多かったです。


たった一ヶ月限定のお仕事ですから、
これといって難しい仕事は与えられず、
主に現場での納品受付と
セッティングをやらせていただきました。
つまり、「体力勝負」ということ。。。かな?


ここに書き切れない程、思うことは沢山あるのですが、
今日はひとつだけ書きます。


ゼネコン系インテリア会社デザイン部のお仕事
だったのですが、
「とにかく数をこなす!!!」というのが
必須命題の職場でした。


最初の納品物件のモデルルームのプレゼンを
拝見したときは、「まぁっ素敵。。。」と
ほのかに感動したのですが、
とにかくこなす数が多いので、
次々とプレゼンを見ていくうちに、
照明や、アクセントクロス、クッション
子供部屋のデスクと椅子などは
同じデザインのものを何度も使用していることが判り、
これといった差異が感じられませんでした。。。(-_-;)


そうは言っても、モデルルームは大事なようです。
まず、プレハブのモデルルームを作り、
これから建設予定のマンションに夢をもたせ、
販売に貢献する⇒
マンション建設後も尚、売れ残りの部屋があれば、
その部屋を棟内モデルルームにする。
その際、プレハブのモデルルームの家具を移設し、
必要があれば、追加アイテムを納品する。

棟内モデルルームをつくると、
そのお部屋はあっという間に売れるそうです。

そのお部屋が売れると、今度はまた売れていないお部屋に
家具等を移設する⇒そうするとまた売れる!

という流れで、こうなってくると、お仕事は
引越しの手配のようになってきます。


きっと、慣れてくるとルーチンワークのように感じられるのでしょうが、
それでも面白い仕事かな~。。。と思いました。









コメント
この記事へのコメント
興味深く読ませていただきました。いろんな経験してますねー。ホントすごいです。またお話聞かせてくださいね♪
2008/04/03(Thu) 11:34 | URL  | ちな #17ClnxRY[ 編集]
ちなちゃん、読んでくれてありがとう~!
このお仕事は面白かったです。たぶんちなちゃんが好きであろう、小物のセッティングの現場も垣間見れたよん。現実は厳しいものがあるわね。。。折をみて続編を書ければいいなと思ってまする~♪
2008/04/03(Thu) 17:06 | URL  | suco #EB29KFfw[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。