インテリアコーディネーターSUCOが綴るインテリア日記。おすすめインテリア雑貨のご紹介、DIY体験記、デンマーク旅行小話等。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
牛の放牧
2009年09月27日 (日) | 編集 |
20090927211640
シルバーウィークに
信州に行きました。

うちの車はカーナビが
ついてないので、案の定
迷子になりました(x_x;)。

地元の農家の人の車を見つけ、
道を尋ねたところ、
普通の人が通らない抜け道を
教えてくれました(^O^)

「この道をまっすぐ行くと、
門がしまっとるから、それを開けて中に入ってくんろ。
そんで今は牛を放牧してるから、
門閉めて、
道なりにまっすぐ行けば、10分くらいで大きな通りに出るから」

門の中に入ると
想像をはるかに超えた
放牧風景が!

感動も束の間、
道は狭く、凸凹の激しい砂利道で、
さながらサファリラリーのような(⌒~⌒)

うちの車は車高が低いので、
度々ザリザリっ
ガリガリっと
お腹をする音が(;□;)!!

そしてこの激しい道は20分
走れどもまだ続く(x_x;)

手に汗握りつつも
予定時間を遥かに超えて
通りに出ることが出来ました。


スリルな旅でした(-o-;)

今回の旅では
国道で二匹の鹿ちゃんが
目の前を横断していくのを
二回も見かけました!

こちらは急ブレーキ!
可憐な鹿ちゃんは
猛ダッシュで命がけ!
でも、軽やかにジャンプしていました。

動物たちには
暮らしにくい世の中に
なったのだな~。
子供の時に見た
『ジャングル大帝』のアニメを
思い出しました。
スポンサーサイト
再会
2009年09月08日 (火) | 編集 |
恒例のインテリアオプション販売会の
仕事に行ってきました。
販売会には色々な業者さんが
来ているのですが、
カーテンの業者さんで
どうも見覚えのある顔が。。。?!
その方の名札を見ると、
『K林 C子』と。
何だか聞いたことのある名前。
でもどこで???

「あ~っ!!!」
急に思い出し、
叫んでしまいました。

なんと、インテリア輸入の会社に勤務
していた際の先輩でした(-o-;)
その方は、私がその会社に
入社して間もなく
退職されたので、
一緒に働いていた期間は
非常に短かったのですが。。。

さらに記憶の糸を辿れば、
私はその方の担当する物件で、
九州の結婚式場への納品出張に
同行させて頂いたのでした(-o-;)。

納品先の結婚式場近辺には
良い宿がなく、
少し自腹をはたいて
ワンランク上の温泉宿に
二人で宿泊したのでした(x_x;)

シーズンオフで貸し切り状態の
温泉に二人で入り、
揃いの浴衣姿でお部屋に運ばれた
お刺身の盛り合わせを
食べましたっけ!

なつかしい~っ!

とはいえ、自分の記憶力の低下ぶりに
びっくり(-_-;)

そしてインテリア業界の
狭さにびっくり!

C子さんも私のことを
覚えていてくれました。

時間がなく
あまりお話出来ません
でしたが、
またお会い出来ますように。。。!
完成!米軍向けマンション
2009年09月01日 (火) | 編集 |
今年の初旬に横須賀の米軍向けの賃貸マンションの

内装選びの仕事をしたのですが、

ついに完成しました。


フローリングの色はお施主様からの指定で

バーチホワイトで決定していたため、

それに合う色で、アメリカ住宅らしさを出すため

「STRIPE HOUSE」というコンセプトで

LDK、廊下に淡いグリーンのストライプ、

洋室は淡いクリームイエローのストライプ、

洗面、トイレの水周りは和モダンのベージュのストライプ

のクロスを選びました。





写真で見ると、どんなものを選んだのか

詳細がまるで映らず残念^_^;


完成版 横須賀中央マンション


リビング奥の壁のグリーンが濃く見えますが、

これは無地のアクセントクロスで

サイドの壁面は淡いグリーンのストライプなのですが、

間取りが広いので、遠目に見ると

色も薄く、柄も写真では見えてきませんね^_^;


横須賀中央洗面

洗面台は設計士さんが決めていたため、

これに似合う和紙調のベージュストライプにしました。

これは、アメリカ風の住宅に住まいながらも、

どこか日本にいるという実感を感じて欲しいという

コンセプトです。

まるで柄が見えませんが。。。(>_<)



洋室の写真はアングル的に上手く撮影できず

割愛させていただきます。。。(>_<)


横須賀中央キッチン

後付で食洗機や浄水器をつける外国人が多いかも知れない

ということで、あらかじめ分岐金具と

食洗機、浄水器を置けるスペースを450mm

サイドに設けるというアイデアを

採用していただきました。




建具を框風のデザインにしてもらうことで、

アメリカ住宅らしさを出すようにしました。

これは予算の関係で建具屋さんが制作したもの。

何の変哲もないようですが、

パールホワイトの取っ手が

かなりキレイなのです。


横須賀中央建具


他には、キッチン扉の面材や

大理石の玄関框、

収納やカウンターの面材等を選びました。




今回は設計事務所が決めた条件や予算の中で、

私がカラースキームを決めましたが、

もし、予算配分から何から、

全てを自分で決めて良いのであれば、

キッチンの仕様を落として、

クロスにお金をかけたかったかな~

と思います。

壁と天井の取り合いに

モールディングなどを回せると

アメリカらしさが出せたかな。。。

などと思います。



クロスの色柄は面積が広いと

尺角サンプルで見るのと比べて

本当に印象が薄くなるということを実感。

設計士さん的には

「賃貸はインパクトが大切なので、

もっと派手でも良い」とのことでした。

それも一理あるな~と思いましたが、

米軍の方がアメリカで購入した家具を

コンテナで運んでくるという

お話を聞いてるので、

どんな家具にも合わせやすい

癖のないクロスを選ぶというのも

間違いではないだろうと思いました。

米軍勤務でお疲れの方が

家に帰ったときぐらいは、

アメリカ風の空間で、

優しい色使いの部屋で

ストレスを解消していただきたいという

私が考えたコンセプトは実現できたかな、と思っています。



ひとつ仕事を進めるには、

自分の提案が受け入れられなかったり、

意思の疎通がうまくはかれなかったり、

思い通りにいかないことが多々ありますが、

終ってみれば、

やっぱりどんなことも勉強なんだな~と

思います。

一般住宅であれば、

お施主さんの希望に沿った家を

つくるように心がければ良いですが、

不特定多数向けの賃貸というのは、

何が正解というのが見る人によって

違うところがむずかしい。。。

結果的には、「ここに住みたい」という人が

絶えず現れてくれれば成功なのでしょうが。



このお仕事を進めるにあたって

アドバイスや励ましの言葉をくださった

友人の皆様には大変感謝しております。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。