インテリアコーディネーターSUCOが綴るインテリア日記。おすすめインテリア雑貨のご紹介、DIY体験記、デンマーク旅行小話等。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旭川~美瑛~十勝へ
2007年07月28日 (土) | 編集 |
旭川のビジネスホテルで見た懐かしいもの。
それはこれです↓
ada椅子


このビジネスホテルの客室は、
ハレーションを起こしそうなアンマッチなインテリア。
まずは、ラベンダー色の壁紙。
冬を思わせる分厚いベージュのドレープカーテン。
南国を思わせる黄色と黄緑のベッドカバー。
クラッシックな赤のサイドチェアに、
緑の花柄カーペット。。。

一体どうしてこういう事になっちゃうんでしょうね~。
そろそろカーテンがすすけてきたから、換えるか~?
今度はベッドカバーが傷んできたから、換えるか~?
。。。と部分部分で交換するうちに、
統一感が無くなってしまうのでしょうか。。。???

って、あれれ~?!
このサイドチェアとカーペットは、
インテリア輸入の仕事をしていた頃に
扱っていたもの!!!

どうも、前勤めていた会社で納品したもののようです。
そういえば、過去の物件事例で、
こちらのビジネスホテルの資料があったような。。。

なつかしい~!
大変な職場ではあったけれど、
旅先でこういうものを見かけると、
フツフツと愛社精神が湧いてくるものですね。。。


前置きが長くなってしまいましたが、旅行6日目。
この日は、十勝に向かいます。
その途中、もう一度美瑛に立ち寄りました。

ここで、またしてもJR北海道の社内誌が大活躍。
記事に載っていた新星館という
私営の美術館に立ち寄りました。

新星館1


築200年の新潟の農家を、美術館を建てる為に美瑛に移築したそう。
私の背後が崖っぷちの為、
建物の全貌が写真に納まりませんでした(^_^;)

館長の大島さんが、惚れに惚れた
須田 剋太氏の絵画と
益子焼の人間国宝、島岡 辰三氏の陶芸作品の
個人コレクションを展示しています。

新星館2


コレクションもとても素敵ですが、
この歴史的な建物だけでも、見る価値十分!!!
(あっ、ちょっと写真が曲がっっちゃってますね(^_^;))

新星館3

立派な梁!

新星館4


そして見所は建物の2階。
パノラミックビューで北海道の山々が一望できます!
(この時ほど、広角レンズが欲しいと思ったことはなかった。。。)

まだ新しい美術館で、知らない人も多いようですが、
美瑛に行くなら、絶対お勧めの美術館です!

そして。
十勝には何をしにいくのか。。。?
それは、お食事に定評があるペンションを見つけたからです。

はるばるドライブすること数時間。
辿り着いた宿は、フンベHOFおおくま

和牛と蟹を売りにしたディナーが評判です!
そのお料理はこちら↓

フンベHOF


写真では蟹の殻入れのお皿が目立ってしまいましたが、
ボリュームたっぷり。
旦那はとろけそうな和牛に満足していました~!

でも一つ。。。
インテリアの方は、駄目でした~(ーー;)
一言で言うと、体育会系の合宿所という感じ。
お部屋には物干し竿あり。
和室を選んだけれど、畳ではなく、パンチカーペット。

予期していなかっただけに
この内装は私には衝撃でしたが、
おかげで忘れられない宿になりました~(^_^;)ははは。

聞けば、この地域は地震が多く、
あまり建物にお金をかけられないという事情があるそうです。


スポンサーサイト
旭山動物園
2007年07月19日 (木) | 編集 |
旅行5日目。

小ちゃなお宿 こんぺい草ともお別れです。

このお宿はアットホームなので、
お食事時に、もう一組の宿泊客である初老のご夫婦と
お話をすることが出来ました。

旅行のこと、お子さんやお孫さんのこと、
飼っている駄目犬のことなど、
何気ない会話が楽しかったです。

いよいよこんぺい草を去るときに、
車から宿の方を見ると、
下田さんが顔よりも大きな手袋を両手にはめて、
いつまでも大きく手を振ってくれました。
傍らでは下田さんの犬がしっぽを振ってくれました。


さてさて、この日は話題の旭山動物園を探索です。


まず最初に見たかったのが、ペンギン館!

zoo1

zoo2

空飛ぶペンギン?!



zoo3

ラブラブ熊ちゃん



zoo4

サイのメシオ君、もぐもぐタイム。



zoo5

メシオ君の敷地の葉っぱを食べるキリンちゃん。



zoo6

暑さにまいっている白熊くん。



zoo7

おサルの親子。落っこちないか心配だよ~。。。




噂には聞いていたけれど、
時間のたつのを忘れて楽しめる動物園でした。
見応え十分。
4時間も滞在してしまいました~!

この日は旦那のチョイスで旭川のビジネスホテルに
宿泊しましたが、このホテルでなつかしいものを見てしまいました。
(私だけ)

つ・づ・く
北の国から
2007年07月09日 (月) | 編集 |
旅行4日目。
この日のプランは、美瑛、富良野を満喫です!

ささら堂の朝ごはんで一日が始まります。
朝からテーブルいっぱいにお皿が並びます。
前日のお宿とメニューが少しかぶってしまったことが
ちと残念(^_^;)!

ささら堂朝食アンティークなお茶碗。
かわいい!



それでは、早速出発しましょうかね。
まずは美瑛の草原を楽しみます。

biei1

biei2

biei3



そして、富良野方面へ向けて車は進む。。。
途中、お昼ご飯を食べました。
スープカレー初体験!
うん、おいしい(^◇^)

スープカレー『魔女のスプーン』のスープカレー



富良野といえば、忘れちゃいけない!
そう!『北の国から』ですよね!

私はドラマはちゃんと見ていなかったのだけど、
国民的長寿番組なんですね。

そして、ドラマの中で五郎が立てた家の数々が
観光スポットとして残されており、見応え抜群です!!!

五郎が廃材を使って建てたという家。
スキー場のリフトが出窓になっていたり、
バスの座席をそのまま使っていたり、
とってもアイデアが面白く、
センスも良いです!

"五郎さすが!"っていうか“美術さん、やりますね~!”
って感じですよっ!


五郎の家1

五郎の家2


こちらは、五郎の石の家。
ただで積み上げられる石を使って、
こつこつ建てたそう。。。

五郎の家3


ガイドさん付きで見学している集団にまぎれこむと、
思わず飛び出す歌は、

♪ら~ら~、ららららら~ら~、らら~、ららららら~♪
(さだまさしのテーマソング)
一人が口ずさみ始めると、なぜか合唱に。。。(*^。^*)
そしてそれぞれ感傷にひたるのでした。。。

『北の国から』を満喫したところで、
ファーム富田に行ってみました。

良く写真で見るような、ラベンダー畑は
まだシーズン前でした。
(温室で唯一ラベンダーが見られました。)
でも、他の花々が色とりどりで楽しめました。

とみた1

とみた2

とみた3


それでは、そろそろ美瑛に帰りますか。
黄昏時の美瑛。

biei4


この日のお宿は、カシオペア内でもらった
JR Hokkaidoの社内誌を見て決めました。

こんぺい草1小ちゃなお宿 こんぺい草


東京 下町育ちの下田陽子さんが、
美瑛の雰囲気に惹かれ、
元同僚と一緒に営んでいるというお宿。
小さくてかわいいのです!

下田さんにお会いした瞬間、
ほのぼのとしたあったかい感じがして、
親しみを感じてしまいました。
「お姉さん」と呼びたいくらい。。。(*^。^*)

こんぺい草2カフェルーム


喫茶店もかねているこのお宿。
下田さんが手作りした「こんぺい草」オリジナルグッズや、
お人形、パッチワークののれんなど、
見ていて楽しい気持ちになります。

こんぺい草3三角屋根のお部屋


お部屋はとてもシンプルですが、
こういうお宿もいいですね。
タオルや歯ブラシなどのアメニティグッズが付いていない分、
一泊二食付で6980円と、とてもリーズナブル!

下田さんのつくった家庭料理がとてもおいしかったです。
「お母さん」と呼びたいくらい。。。


ニセコ~余市~小樽~美瑛
2007年07月03日 (火) | 編集 |
旅行3日目。
ファミール・イン・ラミーナのおいしい朝食で始まります。

ラミーナ朝食ヘルシーな朝食


今日の日程は盛りだくさん。
次は余市のニッカウヰスキー工場へ向かいます。

途中、ニセコの山で休憩し、ちょっと散策です。
空気がきれい。
雪があります。湧き水もチョロチョロと流れていました。

ニセコの山ニセコの山


余市のニッカウヰスキーの工場に到着!
工場見学が目的ではなく、ここでしか売っていないウヰスキーの原酒が
買いたかったのです。

ニッカウヰスキーニッカウヰスキー工場。
こちらは展望台からの景色



試飲コーナーで、シングルカスクウイスキーをストレートで
飲みました。アルコール度数47%(たしか)
むせかえりました~

お次は小樽へ。
小樽ではあまりのんびりできませんでした。
北一硝子で、10年ほど前に購入したサラダボールと同じものが
欲しかったけれど、売っていませんでした。
やっぱり、デザインも時代とともに変えていくんでしょうね。
とりあえず北一ホールでお茶をして一休憩。
北一ホール北一ホール

こちらのホールはろうそくで灯りをとっている幻想的な空間。
とても混んでいたけど、もう少し静かにくつろげるといいな。


そしてそして、美瑛にやってきました!
初めての美瑛。
どこまでも広がる丘。
雄大ですね~。。。

美瑛の丘

美瑛の丘2


この日の宿は昭和の宿 ささら堂
ささら堂美瑛の景色になじむ外観

ささら堂お部屋レトロ感漂うお部屋


こちらのお宿。ちょっとした昭和のテーマパークみたいです。
昔の看板やら、古い雑誌。生活骨董の数々であふれています。
お部屋の中は、古い郵便やら何やら。。。!
鏡台の引き出しにも、レトロなグッズがぎっしりです。
アンティークファンにはたまらないかも。。。
食堂でかかっている昭和の音楽にも注目。

昔風がかえって面白い。楽しい宿でした。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。