インテリアコーディネーターSUCOが綴るインテリア日記。おすすめインテリア雑貨のご紹介、DIY体験記、デンマーク旅行小話等。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お引越し
2006年04月24日 (月) | 編集 |
21日に相方mahaの住む横浜に引っ越してきました!
住まいは、古い団地の内装をリニューアルして賃貸しており、
mahaは2年ほど前から、ここで暮らしています。

共同生活を始めるにあたっては、まず、
既に築かれてしまった統一感のないインテリアを
何とかしたいっ!と思っていたのですが、
この数日、荷解きをしていて「それどころではない~」
とわかってきました。。。(ーー;)

とにかく収納スペースが足りない!!!
収納スペースはあるにはあるのですが、
やはり二人分の荷物が合算されると
かなり~の量になることが判明。。。
そして、mahaは物を捨てられない性分だということも判明。。。

昨年の暮れに、『収納セミナー』に行った際、
講師の先生が、「インテリアは収納が出来てからの話」
とおっしゃっていた意味が身にしみてきました。


SUCOの格闘はつづく。。。

スポンサーサイト
テーマ:インテリア
ジャンル:趣味・実用
『光の教会 安藤忠雄の現場』
2006年04月16日 (日) | 編集 |
遅ればせながら、私の目下の関心となっている
安藤忠雄の建築を知るべく、この本を読破しました。

安藤忠雄という建築家の人物像とその作品の紹介に
とどまらず、ひとつの建築が完成するまでの
施主・建築家・工務店の思い入れと葛藤、
コンクリート打ち放しを作り上げていく工程などが
魅力的な登場人物の人間模様とともに
わかりやすく、興味深く描かれています。

バブルの時代にあって、目先の利益にとらわれず
「良い物をつくりたい」という建築家と工務店の社長の
ものづくりにかける情熱に心を打たれます。

また、安藤忠雄の考える『教会』という場の精神性を
知るにあたり、「心を大切に考える」建築家の姿勢に
尊敬の念を覚えます。

昨今の耐震構造偽装問題を思うにつけ、
このような純粋な建築家と工務店の存在は
非常にありがたいものと感じられます。


光の教会―安藤忠雄の現場光の教会―安藤忠雄の現場
平松 剛

建築資料研究社 2000-12
売り上げランキング : 80,300

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

テーマ:建築
ジャンル:学問・文化・芸術
DIYアドバイザー資格試験
2006年04月12日 (水) | 編集 |
DIYアドバイザー資格試験の詳細がUPされたようです。

http://www.diy.or.jp/profile/shikaku02.html

「受験の手引・願書」は4月下旬より販売されます。

受験願書受付期間:平成18年5月19日(金曜日)~
             6月19日(月曜日)

一次試験<学科>
    日時:平成18年8月19日(土曜日)
      場所:東京、大阪、名古屋、札幌、福岡     
       
        


資格は身を助く!
奮って受験しましょう~~~!




『親子で壁紙張ってみませんか?』
2006年04月06日 (木) | 編集 |
っていうセミナーが開催されるそうです。

日にち :4月15日(土)、16日(日)※内容は各回同じ
時間  :   14:00~16:30
開催場所:リビングデザインセンターOZONE 6F
     パークサイドスクエア
参加費 :無料

詳細はこちら↓
http://www.ozone.co.jp/event_seminar/seminar/seminar_a/detail/106.html

『自然素材紙壁紙と自然塗装壁紙を使い、
伝統工法も目の当たりにし、壁紙でつくる壁面表現法の
可能性を探り、自分達で張れる方法も一緒に
体験してみましょう! 市販の7千余の壁紙の施工性を
調べた氏だからこそ語れる壁紙の魅力を生かした
様々な張り方・注意点など学べる中身の濃いワークショップです。
親子でのご参加大歓迎です!』 

とのことですよ!
親子でなくても大丈夫そうです。

OZONEのセミナーはとても為になるので、
私も時間のあるときは良く参加しています。

帰りにコンランカフェでお茶もいいですよ~♪



テーマ:リフォーム
ジャンル:趣味・実用
表参道ヒルズ
2006年04月03日 (月) | 編集 |
都心に出たついでに、遅ればせながら
話題の『表参道ヒルズ』に行ってきました!

この建物は『地下空間を最大限に生かし、
建物ボリュームの過半を埋設して、建物の高さを、
ケヤキの並木と同程度に低く抑えること』を
一つの目標として設計されいるそうです。

また、「同潤会青山アパートの、次の時代への『再生』」
という考えに基づき、
『表参道交差点寄りの一棟を、そのままの形で復元する
こととした。』ということですが、
なるほど、この建物が街並みに自然に溶け込んでいる
印象を受けました。


omotesando


『表参道の緩やかな坂道をそのまま建物内の
パブリックスペースとして取り入れること』が
もう1つの目標だそうですが、この通り!

hills


こじんまりとしたスペースですが、
緩やかなスロープをぶらぶらと散策して歩く
といった印象。
各テナントとも個性豊かで、
意気込みを感じる店作りに、
エネルギーをもらえる気がしました。

時間のあるときに、ゆっくりと観て回りたいです。


テーマ:建築
ジャンル:ライフ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。