インテリアコーディネーターSUCOが綴るインテリア日記。おすすめインテリア雑貨のご紹介、DIY体験記、デンマーク旅行小話等。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トリエンナーレ 今頃?
2008年12月17日 (水) | 編集 |
トリエンナーレ

先月末で閉幕した横浜トリエンナーレですが、
ずっと写真をUPしそびれていました~(ーー;)

三重に住むお友達と2年ぶりに再会し、
一緒に観れて楽しかったです!

アートって一人で観るより、友達と観た方が
楽しいと思います。
お互いの感想なども聞けて。

写真は、意味深なコメントがかかれた
細い通路を
コメントをたどりながら、
歩いていくというもの。

ときにハッとさせられたり、
どういう意味なんだろう~と考えさせられたり。


他にも印象に残った作品がいくつか
ありますが、
オノ・ヨーコさんの『Cut Piece』という
パフォーマンスの映像が気になりました。

1965年のパフォーマンスと
2003年のパフォーマンスを続けて上映しているのですが。

オノ・ヨーコさんが舞台に座っていると、
観客(?パフォーマンスの参加者)が
次々と舞台に上がり、おのおのが少しずつ
ヨーコさんの着ている洋服を
刃物でCUTしていくというものなんですが。。。

遠慮深そうにちょっとだけCUTする女性もいれば、
いやらしい笑いを浮かべ、
ためらいもなくザクザクとCUTする若い男性も。
参加者の人間性も露になるような。。。

ヨーコさんの足や肩が露になったところで
終幕となるのですが。。。。

まずは、若い時も年老いたときも
スタイル抜群のヨーコさんに驚きました。

この作品には
どんなメッセージがこめられているのかな~
と考えました。

単調な映像ながらも
目が離せませんでした。。。


今年は芸術の秋でした。
(ってもう冬だよ!)
スポンサーサイト
ピカソ展
2008年11月19日 (水) | 編集 |
かれこれ一ヶ月も前の話になりますが(^_^;)
国立新美術館ピカソ展を観にいきました。


新国立美術館

ニュースで見たりして、噂には聞いていましたが、
この建物は本当にすごいです。
この曲線美\(◎o◎)/!



新国立美術館2

中に入ったら入ったで、
このスケール感に圧倒されます。
置いてある家具は全てデンマークの名作椅子なんですって!



ピカソ展

さてさてピカソ展ですが。
今回、一緒に行ったお友達のお勧めで、
初めて音声ガイドというものを使ってみましたが、
これはなんとも優れものでした!
(きたちゃん、教えてくれてありがとう!)

その作品の成り立ちや、作者の生き様が
音声ガイドでわかりやすく説明されます。

ピカソの作品は、時代ごとにその作風が
めくるめく変化し、全て同じ人が描いたものなんだろうか~?!
というほど圧倒されます。

絵画だけでなく、彫刻もすばらしいです!

正直、「理解不能」(ーー;)な作品も
多々見受けられましたが、
きっと誰もが天才と認めざるを得ない
圧巻な内容でした。


ピカソと言えば、その女性遍歴が有名ですが、
「ピカソに会うと、虜にならざるを得ない」
というようなことを、恋人の一人が語っていましたが、
そんな人物に一度は会って見たいような、
でも怖いような。。。(~_~;)



パウル・クレー展
2006年02月23日 (木) | 編集 |
今日は、大丸ミュージアムで開催されている
パウル・クレー展に行ってきました。

http://www.daimaru.co.jp/museum/index.html

夕方17時頃、ミュージアムに到着したのですが、
かなりの人が訪れており、その人気ぶりが伺えました。

モノトーンの線画から色彩豊かなものまで、
時代により様々な作風のものが展示されていましたが、
私は色彩豊かな作品が好きです。

線画にあらわれる人物の表情は
とてもかわいらしく、
心が和みます。

短時間ながらも、充実した一時を
過ごすことが出来ました。

↓クレーの本はこちら
クレーART BOX―線と色彩
クレーART BOX―線と色彩日本パウルクレー協会


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

クレーの天使クレーの天使
パウル・クレー 谷川 俊太郎

講談社 2000-10
売り上げランキング : 45,838

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。